カードローンの審査に収入証明書が不要な場合と理由

カードローンを申込む場合、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類と、給与支払い明細書や課税証明書などの収入証明書が必要とされています。

しかし、最近では、一定額までは、収入証明書不要で融資を受けられることが多くなりました。

会社によって違いはありますが、消費者金融のカードローンでは、融資額50万円までの貸付審査には収入証明書が不要、という例がよく見かけられます。

貸金業法で決められている総量規制など、つまり年収の三分の一以上の融資ができないことや、一つの会社で50万円または他社と合わせて100万円以上の融資には、所得が証明された書類提出が法的に義務付けられているため、50万円以上で収入証明書提出を求めないことはありませんし、あるとしたら違法業者の可能性もあります。

また、銀行系のカードローンでは、各行ごとに収入証明書が不要となる金額は違っていて、多くは100万円~500万円位の間に散らばっています。

銀行は貸金業の規制は受けませんので、融資の審査に総量規制などは関係ないので、消費者金融とは違い、証明書不要の金額が高くなるわけです。

もちろん、証明書類が無くても収入の確認はきちんと行われます。参考にするのは消費者金融会社などが長年蓄積してきた信用情報に関するデータと貸付のノウハウです。

勤務先情報や融資を受ける本人の年齢や性別、職場での役職などで収入の予測はつきます。

もしかりに、融資の適性についてはっきりわからない場合は、融資を断ったり、融資枠を小さくしたりすることで、大きなリスクを背負わないようにしています。

融資を申し込む方から見れば、役所に収入証明書を発行してもらうための時間などもかからないので、申込が早くでき手間も少なくなります。

そして、消費者金融や銀行での審査手続きも、書類の精査に要する時間が減るので、より早い融資も可能にということです。

ただし、収入証明書が不要だというのは、当たり前ですが、融資が簡単に決まるということではありませんので、その点には注意してください。