借入額はカードローンの審査にどう影響するのか

借入額はカードローンの審査を受ける際にも重要な要素となります。

言うまでも無くカードローンは無制限に借りられるわけではなく、それぞれの人の信用の範囲内でしか利用が出来ません。

この信用を計る上で借入額は影響を与えてくるわけですが、ではどのように影響を与えてくるのかと言うと、まず大きいのは収支のバランスが崩壊するリスクが無いかどうかという点です。

例えば年収が300万円の人が既に他社から250万円を借り入れているという場合、その人の生計は既に破綻していると考えられます。

そういった人に追加で貸付をしても、結局返済のめどが立たずに自己破産という結末を迎える可能性が高いですから、こういった人が審査を通過できる可能性は限りなくゼロに近いでしょう。

そのため追加でカードローン契約をした際に、返済をすることができるかどうかという点でまずチェックされるとして覚えておく必要があります。

また消費者金融系のカードローンと契約する場合、総量規制の問題も出てくるでしょう。

貸金業法によって定められる総量規制は個人の年収の1/3以上の貸付を禁止するという制度です。

これは単独での貸付ではなくその個人が契約している消費者金融全体で考えることになりますから、例えば先ほどの年収300万円の人の場合、A社から50万円、B社から20万円、C社から20万円といったように借りていると、既に借入額の総計は90万円となり、新規契約の場合は10万円までしか貸せないことになります。

そのため業者からすれば契約をしても融資額が少なくなりやすいため、新規契約をするのは難しいと歓談される可能性が高いわけです。

実際には借入額だけではなく申し込み時点での契約件数も加味された上で判断されるのですが、少なくとも借入額が多いということが良い影響を与えることはあまりありません。

そのためもし新しく契約をしたいところが出てきたということであれば、なるべく現在借り入れている額を減らし、有利な状態にしたうえで審査を申し込むようにしましょう。