10万円借りる場合の利子と毎月の返済額について

借入サービスの多くは、最低借入額が10万円からとなっています。

クレジット会社のショッピング枠も、ほぼすべての会社が10万円からとなっています。

これは貸金業者側の売上をある程度確保できるようにする為の策といってもいいでしょう。

一般的に銀行や信販会社、消費者金融の利息は4%くらいから18%までとなっています。

そして初めて借入する方は、信用度が低い為、利息の率も最大値での融資からスタートします。

100万円以上の借入をする場合は利息が下がります。

ほとんどの業者において10%未満となりますが、100万円を初めて借入となると、よほど収入が高く、かつ安定しており、不動産等の担保になる財産を所有しているという場合でも無い限り、まず審査には通らないといってもいいでしょう。

また、100万円以上の借入となると、用途が限られてきますので、目的別キャッシングやカードローンを利用するケースが適しています。

初めて借入する場合はせいぜい30万以内になるかと思います。

利息ですが、10万円借りる場合は年利18%としたら、18000円の利息が付くようになるのですが、これは10万円を1年で返済する場合であり、月々の返済額によって、1年を超える場合は18000円の利息では済みません。

1年で返済するとして月で割ると1500円の利息が上乗せされるということになります。

ただ、カードローンの場合は月々の返済額が一律になっている場合が多く、1年で返済できないシステムとなっており、利息が高くなるということもありますので注意が必要です。