今すぐ10万円借りたいときにおすすめの方法

今すぐにお金が必要になることもあると思いますが、そのときはどのようにしてお金を用意するのがベストでしょうか。

必要な金額にもよりますが、例えば10万円ほどのお金を用意しなければいけなくなったとしましょう。

給料のいい日雇いの仕事をしたとしても日給1万円ほどしか稼ぐことはできませんし、不要なものを売ったとしても10万円を用意するのは簡単ではありません。

10万円ほどのまとまった金額を一番早く用意する方法は消費者金融のカードローンです。

消費者金融のカードローンは審査が早く、10万円でも即日融資を受けることができるからです。

消費者金融は銀行よりも金利が高く、なかには悪徳業者もいるというイメージを持っている人もいるかもしれないですが、消費者金融には一定期間無利息になるサービスがあります。

貸金業法の改正によって悪徳業者はほとんどいなくなり、金利の上限も定められているため法外な金利を設定されることもありません。

プロミス・アコム・モビットなど大手の消費者金融に申し込めば特に安心してお金が借りられるでしょう

無職でもカードローンでお金を借りることは可能?

ほとんどの金融機関はカードローンの利用条件は20歳以上69歳未満で一定収入のある方としています。

収入がない専業主婦や学生の場合は、配偶者や親の同意があれば申し込むことは可能ですが、無職の人がカードローンでお金を借りることは難しいでしょう。

無職の人はまずアルバイトや派遣でもいいので、仕事をして一定収入を得る必要があります。

会社員でなくても20歳以上69歳未満で安定した収入があれば、アルバイトや派遣社員の給料でもお金を借りることは可能です。

また主婦や学生もパート収入やアルバイト収入があればカードローンに申し込むことができます。

即日融資可能なカードローンで今すぐ借りれる申込方法とは?

審査の早い消費者金融のカードローンなら即日融資が可能なので今すぐお金を借りれます。

一番早くお金を借りる方法はWEBでカードローンに申し込み審査に通ったあと、口座に振り込んでもらうもしくは自動契約機で専用カードを発行してATMでキャッシングをする方法です。

口座振込の場合は平日14時までにお手続きをしなければいけないなど時間に多少の成約がありますが、早めに申し込んでいればすぐに審査をしてもらえカードを受け取るのを待たずとも口座に振り込んでもらうことができます。

もし口座振込が可能な時間に間に合わなかった場合でもWEBでお手続きのほとんどは済ますことができるので、あとから近くの自動契約機に行けば即日キャッシングが可能です。

大手の消費者金融だと自動契約機は全国の色々な場所に設置されているので便利です。

初めて借りると利息(金利)が安くなるんです!

初めてカードローンを利用する場合は、返済するときのことも考えて慎重に金融機関を選ぶ必要があります。
特に利息は返済計画に大きな影響を与えることになるため、前もってインターネットなどを利用して、それぞれの金融機関の金利を比較する必要があります。

そこでオススメしたいのが、初めてカードローンを利用する特典として一定の期間、利息が0円になるキャンペーンを行っている消費者金融カードローンです。
こうしたサービスを上手く利用すれば、返済をラクにすることができますよね。

ちなみに、各消費者金融の金利を見てみると「3~18%」というように金利に幅があることがほとんどですが、これは借り入れるお金の金額によって金利が変動することを示しています。
借り入れるお金の金額が多ければ、低いほうの金利が適用されて、借り入れるお金の金額が少なければ、高いほうの金利が適用されることになります。
そのため10万円を借りたい場合は、18%に近い金利がかかることを意識しておきましょう。

初めてカードローンを利用する場合は、完済に至るまでのイメージを把握するのが難しいため、返済シミュレーションなどを利用するのも良い方法の一つです。

>> 初めてだと金利が安くなる消費者金融カードローン一覧はこちら

10万円を借りる審査を受ける前に知っておきたい「在籍確認」

カードローンの審査では不安がいっぱい。
カードローンに申し込みをすると、「審査に通るかな?」という不安や家族や会社にばれないか心配ですよね。

しかし、ポイントさえ抑えておけば10万円というお金を借りることができるでしょうし、家族や会社に借入がばれることはありません。

ポイントとして知っておきたいのは、「職場への電話連絡」についてです。
「在籍確認(ざいせきかくにん)」と呼ばれるものですが、申込者が申請した勤務先に本当に勤めているかを確かめるための作業です。

会社にばれるのでは?と不安に思うかもしれませんが、プライバシーを守るための工夫がされているので大丈夫なんです。
というのも、在籍確認ではオペレーター個人の名前で「Aさんおられますか?」と電話が入ります。
本人が電話に出てもOKですし、もし出られなくても「本日は休みです」などの答えが返ってこれば審査は完了です。

しかし、注意しておきたいのがアルバイトや派遣社員として勤めている方です。
バイト先によっては個人宛の電話を受け付けていない会社もありますし、派遣社員の場合は派遣元に電話がかかるので事前に説明しておかないと在籍確認が完了しません。
結果的に借りられないことに繋がるので、初めてお金を借りる派遣社員の方は注意しておきましょう。
「クレジットカードを作ったので、確認の電話があるかもしれない」等の理由をあらかじめバイト先や会社の人に伝えておけば気付かれることはないので安心してください。

>> バレずに今すぐ10万円借りれる消費者金融カードローン一覧はこちら